木造のアパート建築で新築物件を建てる

木造アパートを建築

ちょうどサラリーマン大家という新分野の人たちが登場した時期と重なっていたのでしょう。
もともとアパマン経営は地主がするものというイメージがありました。
土地のない人が土地から購入してアパマンを建てたとしても、利回りもよくなく土地をもともと所有している地主に勝てるわけがないというイメージもあります。
自分も地主というほど対規模な土地を所有しているわけではありません。
所詮50坪程度ですが、アパートに適した土地であるという実感はあったので自信はありました。
そして自分は不動産投資系の本を山ほど読み漁りました。
しかし気づいたのですが、不動産投資系の本のほとんどの著者はゼロから始めて、不動産投資で成功している人たちばかりであるということです。
自分のように土地を最初から所有しているような人が書いた本は、数える程度しかないことも気づきました。
つまり自分は恵まれているのではないかと思いました。
土地を所有しているのであれば投資のリスクも抑えることが出来ますし、全額借入金を利用して建てたとしても、ローリスクといえるレベルと感じました。
しかし、建築費用はできるだけ抑えたいとも感じました。
なぜならば、木造のアパートと言えども建築費用は数千万円単位です。
鉄骨やコンクリートの場合にはもっとかかります。
ならば木造のアパートにしようと決断しました。

アパート経営に興味を持つ : 木造アパートを建築 : 念願のアパート経営がスタート